キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

教えて猫ノートまとめ「猫ちゃんが安心できる場所とは?」

2018年11月22日 投稿

猫ちゃんが気持ち良さそうに眠っていたり、のんびりと毛繕いしていたり、快適に過ごしている姿は、飼い主さんもしあわせを感じますよね。愛猫が安心して過ごせる場所について「教えて猫ノート」の記事からまとめました。

猫ちゃんにとって狭い場所 = 安全なスペース

猫ちゃんは高い場所も好きですが、押し入れの中や家具の隙間、たんすの引き出しといった狭くて暗い場所にも入りたがります。
これは、弱肉強食の自然界で暮らしていた時の名残と言われています。例えば、狭い場所は猫ちゃんにとって、一度捕らえた獲物を他に奪われないための安全な場所だと考えられています。狭い場所に入ると身を伏せて顔を穴から外に向けて敵が来ないかを観察しつつ、同時にいつでも逃げられる態勢をとります。
また、猫ちゃんは獲物を待ち伏せて狩りをする捕食動物ですが、肉食獣から狙われる被捕食動物でもあるため、狩りをする一方で身を守らなくてはいけません。その名残から物陰に隠れたり、狭い場所に入ったりするようです。

厳しい自然界で猫ちゃんが生き残っていくためには、こうした配慮をする必要があったのではないかといわれています。
室内で快適に暮らしている猫ちゃんの場合は、狭いスペースにすっぽりおさまって満足し、そのまま安心して眠ってしまうことも多いようです。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「猫は高いところ、狭いところが大好き!」

室内にも危険が…。こんな場所は気をつけよう

外は他の猫ちゃんとの縄張り争いや事故などが心配ですが、室内だからといって危険がないわけではありません。
その一つがお風呂場です。水をはったバスタブに猫ちゃんが落ちてしまったら、這い上がることができません。残り湯がある時はお風呂場のドアを閉めて猫ちゃんが入れないようにしておきましょう。
また、電気器具のコードにも注意を。猫ちゃんがコードをかじると感電する恐れもあります。コードを完全に隠すか、コードにカバーをするなどの対応をしておきましょう。
その他にも、猫ちゃんがドアを開けたり、ガスコンロを点けたり、石油ストーブの上に乗ったり、ガスストーブに足をかけて寝てしまったり、ビニール袋を食べてしまったりする場合もあります。普段から猫ちゃんの行動やクセを見て、家の中での危険を想定し、事故防止の対策を考えましょう。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「猫ちゃんを室内で飼うメリットとデメリットは?」

●猫ノート豆知識:知ってた?猫ちゃんの眠りのヒミツ

お気に入りの居場所でぐっすり眠っているように見えても、猫ちゃんは人が近づいたり、物音がしたりするとすぐに目を覚ましてしまいます。実は猫ちゃんは、熟睡しているわけではないのです。
猫ちゃんの眠りは、浅い眠り(レム睡眠)と熟睡状態(ノンレム睡眠)を交互に繰り返していて、少し熟睡するとすぐに30~60分くらいのレム睡眠が訪れます。
これは狩りの名残だそう。野生の猫ちゃんは狩りのエネルギーを温存するために1日の多くを休息にあてていたといわれます。休息している間でも敵に襲われた場合、すぐに行動できるように、このような眠りの習慣になったそうです。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「ゴロゴロには意味がある!猫の睡眠時間は?」

寒くなるこれからの季節、猫ちゃんの快適な居場所づくり

猫ちゃんが居心地よく過ごせる場所をつくってあげましょう。
寒くなるこれからの季節は、特に日の当たる場所にベッドなどを置くと良いのですが、午前と午後では日が差す方向が異なるので、その両方に寝床を用意することがおすすめです。その際、ポイントになるのが寝床の場所。冷気などが伝わりやすい窓際や外に接している壁から離れた場所に置きましょう。
床は思っているより冷たいので、床から少し高い位置に置いてあげることも忘れずに。

また、次からは特に寒さに気をつけたい子猫とシニア猫の居場所づくりについて紹介します。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「冬用の居場所があるとよりGOOD!」

子猫の居場所づくりはココがポイント

秋は猫の出産時期。最近、子猫と暮らし始めた人、これから子猫を迎えたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
子猫は気温に影響されやすいので、寒い時期は部屋を暖かくして一定の温度を保ってあげることが大切です。寒い時期には、ベッドにフリースや毛布など、やわらかくて暖かい素材を敷いてあげましょう。
最近ではペットショップなどにも暖かい素材のベッドが売られているので、そういったものを用意してあげてもよいでしょう。
小型動物用の電気カーペットやカイロなどの暖房具を使用する時は、温度を35℃前後に保つのがポイントです。40℃を超えた暖房具の上で猫ちゃんが長い時間寝ていると低温ヤケドを起こす危険性があるため、適温を超えないよう注意しましょう。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「子猫のお世話をするときのポイント1〜室温の管理・寝床の作り方〜」

シニア猫の居場所づくりはココがポイント

シニア猫ちゃんの場合は、眠る時間がさらに増えるため、誰にも邪魔されない静かな寝床をつくってあげましょう。冬は暖かい場所に寝床をつくり、夜などはペット用のホットカーペットやこたつなどを用意。さらに、その近くにたっぷりの新鮮な水をとトイレも置きましょう。
シニア猫ちゃんは行動範囲が狭くなるので、なるべく一つの場所ですべてのことができるようにしてあげることも大切です。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「老猫のために室内環境を整えよう」

みんにゃ大好き!