キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

教えて猫ノート 猫ちゃんの災害対策「すぐ避難できるように準備しよう」

2018年03月02日 投稿

万一の場合、すぐに避難ができるように日頃から準備しておきましょう。今回は「教えて猫ノート」から緊急持ち出し品などの情報をまとめました。

猫ちゃんのための緊急持ち出し品を用意しておこう

猫ちゃんのための緊急持ち出し品を用意しておこう 猫ちゃんのための緊急持ち出し品を用意しておこう
出典:教えて猫ノート
緊急持ち出し品の例。おもちゃやおやつなども持っていくとよいでしょう。

いざという時に慌てないために、避難場所や避難経路について把握しておき、避難場所では一緒に暮らしている猫ちゃんも同行できるのかどうか確認をしておきましょう。
また、猫ちゃんのための緊急持ち出し品を準備しておくことも大切です。
リード(首輪)、迷子札、水、フード(3日分程度)、常備薬、ワクチンの接種記録(コピー可)、食器、ブラシ、ケージなどを用意しておくとよいでしょう。
これら準備したものは、いざという時にすぐに持ち出せるよう、取り出しやすい場所に保管しておきましょう。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「非常時をシミュレーションしておこう」

猫ちゃんのにおいがついたタオルや毛布もあると便利

猫ちゃんのにおいがついたタオルや毛布もあると便利

避難生活は人間だけでなく、猫ちゃんもストレスを感じるといわれています。大好きなおもちゃやおやつを与えたりして、できる限りストレスを解消させてあげましょう。また、猫ちゃん自身の匂いのついたタオルや毛布などがあれば落ち着くことも。地域や季節によっては、日中と夜間の寒暖差が激しい場合もあるため、タオルや毛布があると便利です。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「においが染みついたタオルがあれば落ち着くことも」

猫ちゃんが飼い主さんの元に戻れるように迷子札を

猫ちゃんが飼い主さんの元に戻れるように迷子札を

災害が発生した時、パニックになった猫ちゃんが逃げ出したりして、飼い主さんとはぐれてしまう場合も。保護された時に、飼い主さんの元に戻れるように迷子札付きの首輪などは必ず装着しましょう。室内で暮らしている猫ちゃんにも日頃から身につけさせておくとよいでしょう。

迷子札が外れてしまう場合もあるため、迷子札とマイクロチップの併用がおすすめ。はぐれてしまった時、飼い主さんの元にもどれる可能性もアップします。
この他、普段から猫ちゃんと一緒に撮った写真を持ち歩いておくと、猫ちゃんを探す時に役立ちます。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「鑑札・迷子札やマイクロチップなど、見つけやすい対策を」

にゃねっとアンケートから迷子対策を紹介

[くりちゃん] にゃねっと研究所
首輪+名札は完全室内飼いでも常に装備。

[くり ちゃん] にゃねっと研究所

[nano ちゃん] にゃねっと研究所
名札(電話番号)付き首輪を用意してます

[nano ちゃん] にゃねっと研究所

[大福 ちゃん] にゃねっと研究所
万一迷子になった時のために飼い主の情報の入ったチップを埋め込んでいます。

[大福 ちゃん] にゃねっと研究所

[お供 ちゃん] にゃねっと研究所
首輪には、連絡先を書いてあります。

[お供 ちゃん] にゃねっと研究所

準備しておこうにゃ!