キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

教えて猫ノート 寒い季節も水分補給は大切です

2018年02月12日 投稿

おしっこの病気にかかりやすい猫ちゃんにとって水分補給はとても大切。「教えて猫ノート」によれば、冬は夏よりも猫ちゃんの水分摂取量が減りがちになり、尿結石の症状が出やすい季節だとか。まだまだ寒い日が続くので、水分補給に気をつけてあげましょう。

水分摂取量が減りがちな冬は、尿結石の症状が出やすい季節

水分摂取量が減りがちな冬は、尿結石の症状が出やすい季節
出典:教えて猫ノート
尿結石はオスの猫ちゃんの方がかかりやすいといわれます。猫砂などがキラキラ光って見えたり、おしっこをした後のペニスに光る結晶が見つかったら、獣医師に相談を。

猫ちゃんがかかりやすい病気のひとつ、F.L.U.T.D.。これは、「おしっこにまつわる疾患」のことで、特発性膀胱炎、尿結石、血尿、頻尿、痛みを伴う排尿、尿道閉塞など、さまざまな症状を引き起こします。中でも特徴的な症状が尿結石。おしっこの中にできた結晶がたくさん集まって尿結石になり、これが尿道に詰まったり、膀胱を傷つけたりすると尿毒症なって命にかかわる危険な状態を引き起こします。

尿結石の症状は冬に出やすいといわれます。その理由は、寒い冬は猫ちゃんも運動不足でエネルギー消費が減ることと、夏と比べて水分摂取量も減りがちで尿が濃縮されやすいからだそうです。
おしっこの病気を防ぐためにも、規則正しい食事、新鮮で十分な水、適度な運動、清潔な環境などを与えるようにしましょう。不適切な食事、飲み水やトイレの汚れなどは、F.L.U.T.D.のリスクが高まる可能性があるので気をつけましょう。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「F.L.U.T.D.(猫の下部尿路疾患)」

食事はウェットとドライを併用して水分補給を。おすすめは朝にウェット、夜にドライ

食事はウェットとドライを併用して水分補給を。おすすめは朝はウェット、夜はドライ
出典:教えて猫ノート
毎日のフードは猫ちゃんの健康を支える大切なもの。ウェットフードもドライフードも総合栄養食にし、下部尿路の健康(尿pH)に配慮したものにするとよいでしょう。

ドライフードの水分量が約10%に対して、ウェットフードは約70%~80%が水分です。水分を多く摂らせたい時は、ドライフードとウェットフードを併用するとよいでしょう。
いつも新鮮な水を用意することはもちろん、ドライフードを主食にしている猫ちゃんもウェットフードを併用して、尿結石など(F.L.U.T.D.)のリスクを軽減しましょう。

食事はウェットとドライを併用して水分補給を。おすすめは朝はウェット、夜はドライ

猫ちゃんの尿pHバランスが崩れたりすると結石ができやすくなるため、尿pHをコントロールすることも尿結石の予防につながります。
そこで、ウェットフードとドライフードを併用する場合は、朝にウェットフードを。猫ちゃんは人のライフスタイルの関係から、朝は空腹でよく食べる傾向にあります。朝にウェットフードを与えて水分をたくさん摂れば、溜まったおしっこの尿pHの急激な変動に配慮できます。

ドライフードは水分量が少なく傷みにくいため、少しずつ時間をかけて食べる習性がある猫ちゃんは夕方から夜にかけての食事に適していると言われます。

詳しくはココをチェック!
「食事の与え方でできるF.L.U.T.D.対策(2)」

みんにゃも健康のために水分補給に気をつけているにゃ!

にゃねっと研究所のアンケートにも「猫ちゃんの健康のために、水分補給に気をつけている」という回答が寄せられています。

[ももちゃん] にゃねっと研究所
冬は缶詰をあげる時、水分補給のためにお湯を混ぜます。

[ももちゃん] にゃねっと研究所

[カイちゃん] にゃねっと研究所
まめに水を替えて綺麗な水をつねに置いておく。

[カイちゃん] にゃねっと研究所

[トニー=レオちゃん] にゃねっと研究所
複数の部屋に飲み水を置いています。
100円ショップで買った「アイスクリームの器」は少し重めのガラス容器で安定感があり、高さもちょうどよかったです。

[トニー=レオちゃん] にゃねっと研究所

[銀ちゃん] にゃねっと研究所
ごはんは1日3食、カリカリにウェットを混ぜています。
あまり水を飲まない猫ちゃんなので、
上記に少量のお湯を加えています。

[銀ちゃん] にゃねっと研究所

知りたい情報がいっぱいにゃ!