キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

個性豊かな保護猫たちとふれあう「猫庭」の宿・てしま旅館 〜後編〜

2017年12月12日 投稿
猫のしあわせのために。猫庭と保護猫活動のこれから 編
保護猫たちが快適に暮らせるように配慮されている猫庭。
左から、手島家の次女・姫萌(ひめも)ちゃん、長女・歌七多(かなた)さん、手島さん。

山口県・阿知須(あじす)温泉にあるてしま旅館は、猫庭と名付けた保護猫シェルターでも知られる宿。この猫庭の取り組みは、旅館経営というビジネスの中に猫の命をつなぐ活動を組み込み、継続的に猫を助けていくことを目指しています。新しいスタイルの保護猫活動としても注目を集める猫庭のしくみ、今後の取り組みについて、3代目番頭の手島英樹さんにお話を伺いました。

取材・撮影に訪れた時は、猫庭はあいにく工事中。足場が組まれていたこともあり、外観全体は撮影できませんでしたが、猫たちの様子をキャッチした楽しい写真をお楽しみください。

猫のしあわせのために。猫庭と保護猫活動のこれから 編
次女の姫萌(ひめも)ちゃんは猫庭の館長を務め、毎日学校から帰ると猫庭に直行し、掃除や猫の体調チェックをしています。

活動を継続させるポイントは、猫と人の「win-winの関係」づくり

くっついて仲良く過ごす2匹。甘えん坊の虎次郎ちゃん(左)と美猫のみしろちゃん。
くっついて仲良く過ごす2匹。甘えん坊の虎次郎ちゃん(左)と美猫のみしろちゃん。

ゴロゴロと甘えられると嬉しくなって、自由気ままでマイペースなところに振りまわされるのも楽しくて、いたずらもなぜか笑って許せてしまう。そんなしあわせな時間をもたらしてくれる猫たちを救おうと、てしま旅館は2016年に猫庭を開設し、保護猫活動を行っています。
一般的に保護猫活動は、猫たちが生活する空間づくり、ごはんやトイレの世話、体調を崩した時の医療費など、大変な部分がたくさんあります。時間的にも経済的にも追い詰められ、モチベーションが失せてしまうと、活動を続けことが難しくなることも…。「猫ちゃんの命を預かるのですから、途中でやめるわけにいかない。だから、いかにモチベーションを維持しつつ取り組みを継続できるかを考えました」と手島さん。「保護猫を助けることがビジネスと結びつき、収益につながれば、無理なく猫を助ける活動が続けられる。そうすれば、猫ちゃんも人もしあわせになれる。猫ちゃんと人の『win-winの関係』を築くことが大事だ」と考え、猫庭をつくりました。

くっついて仲良く過ごす2匹。甘えん坊の虎次郎ちゃん(左)と美猫のみしろちゃん。
みしろちゃんとサビ猫の集(しゅう)ちゃん。「鼻筋がしゅうっとしているから」名付けられたそうです。

猫庭あっての宿。だから猫をしあわせにすることは大切な責務です

保護猫たちを世話する手島さん家族。左から長女・歌七多(かなた)さん、長男・一閤(いっこう)くん、手島さん、次女・姫萌(ひめも)ちゃん
保護猫たちを世話する手島さん家族。左から長女・歌七多(かなた)さん、長男・一閤(いっこう)くん、手島さん、次女・姫萌(ひめも)ちゃん

「うちは猫ちゃんあっての旅館です」と手島さんが話すように、猫庭ができたことで宿の宿泊客が増えました。しかも、猫庭の猫たちは収益だけでなく、宿泊客や里親、世話を手伝うボランティアの人など、さまざまな人たちと宿をつなぐ大切な存在になっています。「だからこそ、1匹でも多くの猫ちゃんを預かって里親さんを見つけ、しあわせな暮らしを提供しなければ。それが、私たちの責務でもあると思っています」。
猫庭が誕生して1年以上が経ち、猫も人もしあわせになる「win-winの関係」ができ上がりつつあると言います。
さらに多くの猫たちの命をつなぐためには、猫と里親希望者との出会いをもっと増やすことも大切です。たくさんの人に猫庭の存在を知ってもらい、実際に来てもらえるように、手島さんと長女の歌七多(かなた)さんはSNSで猫たちの情報をこまめに発信したり、次女で猫庭館長の姫萌(ひめも)ちゃんは猫庭を訪れる人のおもてなしをしたりして、保護猫や猫庭の魅力を伝えています。

人気の高い猫庭のライブ中継は、誠実な取り組みの証にも

猫庭の中で、猫たちは自由にのびのびと過ごしています。舌を出した表情が愛らしいみかんちゃんは、年齢不詳の癒やし系。
猫庭の中で、猫たちは自由にのびのびと過ごしています。舌を出した表情が愛らしいみかんちゃんは、年齢不詳の癒やし系。

猫庭の魅力を広く伝えるものとして、YouTubeによるライブ中継があります。視聴者の中には「泊まった時に遊んだ猫ちゃんが、どうしているのか気になって」という人や、宿には行ったことがなくても「毎日のように見ています」という猫好きの人も。また、ライブ中継を見て里親になった人もいるそうです。
ライブ中継を始めた理由を手島さんに伺うと「活動の透明性を大事にしているからです」ときっぱり。猫庭の環境がきちんと整えられていることや、猫たちの世話をする行動の一つひとつをたくさんの人に見てもらうことが、手島さんたちが誠実に愛情を持って猫たちの世話をしている証明になると考えています。
「猫庭は、てしま旅館だけのものではありません。インターネットで資金を募るクラウドファンディングに参加していただいた一人ひとりの寄付と想いによって誕生した空間です。『猫庭を応援したい』『1匹でも多くの猫を救いたい』というみなさんの想いや信頼に応えるためにも、取り組みの透明性は大切にしています」。
また、このライブ中継によって得た収益は、猫庭の運用に充てられています。

たくさんの人の想いを乗せて2階スペースが完成

今秋、完成した2階スペースでくつろぐ白黒猫のくにこさん。猫庭はJRの貨物に使われていたコンテナを再利用してつくられたもの。2階スペースもコンテナを積み上げて増築しました。
今秋、完成した2階スペースでくつろぐ白黒猫のくにこさん。猫庭はJRの貨物に使われていたコンテナを再利用してつくられたもの。2階スペースもコンテナを積み上げて増築しました。

この秋、猫庭は2階建てに増築され、受け入れる保護猫の数も40匹まで増やすことができました。2階スペースに入れるのは、猫ちゃんとスタッフのみですが、宿の2階にある客室からも猫庭を眺められるようになり、評判は上々です。
今回の増築も、資金はクラウドファンディングで集めました。「クラウドファンディングは資金を募るものですが、猫庭の取り組みを多くの人に知ってもらう機会にもなります。そして、私たちの取り組みに対して、世の中の審判をうける場でもあると思っています」。
昨年「猫ちゃんの命をつなぐため、猫庭をつくりたい」とクラウドファンディングに挑戦した時は、手島さんにはまだ保護猫活動の実績がありませんでした。それでも、多くの人たちから寄付が集まり、猫庭を完成させることができました。「今回もたくさんの方に支援していただき、増築することができました。これまでに100匹を超える猫ちゃんの命をつないだ、猫庭の実績が認めていただけたからだと思っています。この結果をうけて、猫庭の取り組みを継続し、保護猫の活動をさらに広げていかなければとより強く思うようになりました」。

猫庭の1階と2階をつなぐスペース。猫たちはここから1階と2階を行き来しています。
猫庭の1階と2階をつなぐスペース。猫たちはここから1階と2階を行き来しています。

これからも猫を助ける人の輪を広げ、世の中の意識を変えていきたい

外の景色を眺める猫たち。猫庭は1階も2階も壁の一面がガラス張りになっているので、宿のロビーからも猫たちの様子がよく見えます。
外の景色を眺める猫たち。猫庭は1階も2階も壁の一面がガラス張りになっているので、宿のロビーからも猫たちの様子がよく見えます。

猫庭が誕生したことで、山口県内の企業にも保護猫活動の輪が広がってきました。手島さんは想いを同じにする企業と連携して「命をつなぐことの大切さを子どもたちの世代にも伝えていきたい」と、殺処分の現状や動物の命の大切さを伝える本を地域の学校に寄贈するプロジェクトも考えています。この他にも、猫庭の活動で培ったノウハウを生かして、自分たちと同じように保護猫活動を行う温泉宿のサポートも行っています。
「将来的には猫庭とは別のカタチになると思いますが、もっともっと多くの保護猫たちを養っていけるような環境づくりも考えているところです。猫庭だけでなく、学校に本を寄贈するプロジェクトなど、保護猫に関するさまざまなアクションを起こして活動を広め、継続していきます。それによって、世の中の人たちの意識が変わって、殺処分という概念すらない社会になれば、と思っています」。

外の景色を眺める猫たち。猫庭は1階も2階も壁の一面がガラス張りになっているので、宿のロビーからも猫たちの様子がよく見えます。
「猫庭には、個性豊かな猫ちゃんがたくさんいます。癒やされに来てください」(姫萌ちゃん)。
「猫がいる温泉宿はトレンドのひとつになっていますが、私たちは猫ちゃんの保護活動に取り組む温泉宿です。温泉と料理、猫ちゃんとの時間をぜひお楽しみください」(手島さん)。

取材・撮影で訪れてから1ヵ月以上が経ちました。写真を撮らせてもらった猫たちの中には、現在、新しい家庭でしあわせに暮らしているコも多いそう。「最初の頃は、猫ちゃんを里親さんに渡すのは寂しかったです」と言う姫萌ちゃんですが、今では「猫庭を卒業するコがいるから、新しい猫ちゃんを預かることができて、命を救うことができます」と意識も変わりました。はきはきと猫庭について話す姿に、猫庭館長としての頼もしさを感じました。
そんな姫萌ちゃんたちが迎えてくれる、てしま旅館に泊まってみませんか。これからは、ぽかぽか温まる温泉が恋しくなるシーズン。てしま旅館なら温泉はもちろん、おしゃれなデザイナーズ空間とおいしい料理が楽しめ、保護猫たちと過ごして気持ちもほっこり温かくなりますよ。

》個性豊かな保護猫たちとふれあう「猫庭」の宿・てしま旅館 〜前編〜
》個性豊かな保護猫たちとふれあう「猫庭」の宿・てしま旅館 〜中編〜

てしま旅館の猫ちゃんたちに応援コメント募集中!
てしま旅館宿泊が当たる!ありがとうにゃんペーンをみるにゃ!