キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

NEWS

元気に育ってにゃ!子猫のトイレ&ごはんの話題

2017年10月22日 投稿

春と秋は子猫が生まれることが多くなる季節。この秋、子猫を家族に迎えたという飼い主さんもいるのではないでしょうか。そこで、ペットラインの「教えて猫ノート」から子猫のトイレのしつけ、ごはんの与え方などの情報をまとめました。

子猫にトイレを覚えさせるポイントにゃ!

子猫にトイレを覚えさせるポイントにゃ!

子猫を迎える時、「トイレを覚えてくれるかどうかが気になる」という人は多いのでは?猫ちゃんの困りごとやお悩み解決に役立つ「教えて猫ノート」によれば、ほとんどの子猫がきちんと決まった場所でトイレができるようになるそうです。

猫にはもともと土を掘っておしっこやうんちをし、土をかけて埋める習性があります。この習性を満たした場所を用意すれば、自分できちんと排泄してくれるようになるそうです。

子猫のトイレのしつけのポイントも紹介しましょう。

早くトイレを覚えさせるコツ&上手にさせるコツ
・朝起きたら、子猫を最初にトイレに連れて行く。
・食後もトイレに連れて行く。2~3時間おきに連れて行くのもよい。
・子猫がうんちをしたいような態勢になったら、すぐトイレに運ぶ。
・うんちをしたら、砂をかけ終わるまで待っててあげる。
・トイレはすぐに掃除し、常にきれいにしておく。汚れたままだと、他の場所にしたり、おしっこを我慢して膀胱炎になってしまう場合も。

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「子猫のトイレの覚えさせ方は?」

子猫のごはんのポイントにゃ!

子猫のごはんのポイントにゃ!

「教えて猫ノート」では、子猫のごはんの与え方なども紹介しています。

赤ちゃん猫には子猫専用ミルクを

生後4週間未満の赤ちゃん猫には、人肌(38度くらい)に温めた子猫専用ミルクを子猫用の哺乳瓶を使って与えましょう。
※赤ちゃん猫はとてもデリケートなので、初めての人は獣医師に相談を。

離乳~1歳の子猫に合ったフードを

子猫の健康に必要な栄養素が含まれたドライフードをぬるま湯で柔らかくして与えるか、ウェットフードを与えましょう。
ドライフードは、「キャネットチップ」のような子猫からシニア猫に対応した全ライフステージ用フードか、「メディファス 子ねこ用」のような子猫用フードを給与量に従って与えましょう。
生後7ヶ月からは徐々に固めのフードに切り替えていく時期。歯の健康のためにもドライフードがおすすめです。
※「キャネットチップ 11歳からの腎臓の健康維持」、 「キャネットチップ 毛玉サポート」は除く

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「幼猫の食事のポイント」

猫ちゃんには年齢に応じた量の「総合栄養食」を与えてにゃ!

猫ちゃんには年齢に応じた量の「総合栄養食」を与えてにゃ!

猫ちゃんの毎日のごはんには「総合栄養食」の表示があるフードを選びましょう。総合栄養食とは、猫ちゃんの健康維持に必要な栄養素がバランスよく含まれているもので、水と一緒に与えるだけで健康を維持できるフードのこと。「キャネットチップ」ももちろん総合栄養食です!
キャットフードに表示された給与量に従い、猫ちゃんの年齢や状況(活動的、運動不足、妊娠中など)に応じて量を切り替えましょう。

1日に必要な食事量と回数(目安)

年齢 エネルギー 回数
2ヶ月 約200Kcal×体重Kg 3~4回
4ヶ月 約130Kcal×体重Kg 3~4回
6ヶ月 約100Kcal×体重Kg 3~4回
1歳 約80Kcal×体重Kg 3~4回
7歳以上 約60Kcal×体重Kg 1~4回
活動的な猫 約85Kcal×体重Kg 2回
非活動的な猫 約70Kcal×体重Kg 1~2回
妊娠中の猫 約100Kcal×体重Kg 3~4回

詳しくはココをチェック!
教えて猫ノート「フードの切り替えと年齢に応じた適切な食事量と回数」
教えて猫ノート「総合栄養食って、何?」

フード選びに役立ててにゃ!「フードコンシェル」

フード選びに役立ててにゃ!「フードコンシェル」

ペットラインのサイトに新しく登場した「フードコンシェル」。これは、猫ちゃんの年齢、性別、避妊・去勢をしたかどうか、暮らしている場所(屋内・屋外)、下部尿路の健康や毛玉ケアなどフード選びで気にしていることなどをチェックして、おすすめのフードを見つけるというもの。総合栄養食のドライフードの他、ウェットフード、おやつなども紹介され、フードを選ぶ時のポイントも教えてくれます。

詳しくはココをチェック!
「ペットライン フードコンシェル」

ためになる情報がいっぱいにゃ!