キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

TOPICS

どこでもにゃんこは大人気!ニュースな猫たち

2016年12月22日 投稿

看板猫やオフィスにゃんこなど、猫の社会進出(?)も進んでいます。さまざまな分野で注目を集めた猫のニュースをお届けします。

癒やされるぅ〜 アメリカで話題のキャットヨガ!

出典:CNN.co.jp
(画像をクリックすると動画ページにジャンプします。)

ヨガといえば、「リラックスできる」と日本でも人気。そんなヨガとカワイイ猫を組み合わせた「キャットヨガ」が、アメリカで話題を呼んでいます。
ヨガには「猫のポーズ」がありますが、キャットヨガの猫たちは特に何かをするわけではありません。ヨガを楽しむ人たちのまわりをウロウロしたり、ポーズをとる人の足や髪の毛にじゃれついたり、自由気ままに過ごしているだけ。それでも参加者からは「他のヨガクラスより楽しくてリラックスできる」と好評なのだそうです。

CNN.co.jp
出典:CNN.co.jp

キャットヨガはジョージア州アトランタ郊外にある保護施設が始めたもの。この施設には里親を探す100匹以上の猫たちがいて、猫たちはケージではなく広い部屋で自由に過ごしています。
ヨガのクラスは普段、猫たちが過ごしている部屋をスタジオとして利用。ヨガインストラクターがボランティアで教え、参加者が払う受講料は施設の運営にあてられているそうです。
ヨガクラスは、ネットでスケジュールが発表されると即満員になるほどの人気ぶり。現在はニューヨークやサンフランシスコ、アイオワ州デモイン、アラバマ州モービルにまで広がっています。

CNN.co.jp
出典:CNN.co.jp
人の足の裏をクンクン?それともスリスリ? 自由に過ごす猫ちゃん。

カメラ目線もバッチリ☆日本では忍者猫が人気☆

カメラ目線もバッチリ☆日本では忍者猫が人気☆
出典:sippolife
赤いずきんをかぶった「くの一」姿がカワイイ猫の茶々。
茶々は客のリクエストなどに応じて赤い忍者装束とおもちゃの刀を身にまとい、記念撮影にも応じる。
カメラ目線を絶やさず、「プロ意識」も高いという。

sippolife

忍者ゆかりの地として知られる三重県伊賀市で話題の「忍者猫」。その正体は、同市内にある伊賀茶の老舗店「むらい萬香園」で飼われている女の子の猫、茶々です。
真っ白で美しい茶々は、赤いずきんを身につけて「くノ一」に変身。お店を訪れるお客さんをもてなしているんですよ。
店内には忍者の武器や道具が展示されている他、手裏剣打ちを体験できる道場もあります。喫茶コーナーには忍者にちなんだメニューもあり、こちらも人気です。

カメラ目線もバッチリ☆日本では忍者猫が人気☆
出典:伊賀ポータル
高級抹茶をたっぷり使った抹茶ソフトとバニラソフトを組み合わせた「忍者パフェ」。手裏剣モチーフのお菓子にも注目を。

猫用の音楽アルバムが売り上げ1位に!

米国のチェリスト、デイビッド・タイさんが作曲した「猫のための音楽」のアルバムがクラシック部門のチャートで1位になり、話題を集めている。

BBCニュース

2016年、日本でもいろいろなヒット曲が生まれましたが、アメリカでは猫専用のアルバムがクラシック部門1位になりました!
このアルバムを作曲したのは、ワシントン・ナショナル交響楽団のチェリストや指揮者として活躍してきた音楽家。アルバムに使われている和音や音色は、猫にとって魅力的であることが科学的に証明されているそうです。実際にこのアルバムを聴いた猫たちの多くは、とてもリラックスしているとか(中には、興味がないと部屋から出ていく猫もいるそうですが…)。
人間が心地よく感じられる音も入っているので、猫と一緒にのんびり過ごしたい時に聴いてみたいですね。

全米一のネズミ都市・シカゴでは野良猫が大活躍!

全米一のネズミ都市・シカゴでは野良猫が大活躍!
出典:CNN.co.jp
ビール醸造所のネズミ対策としてパトロールする猫ちゃん。

急増するネズミに悩まされているアメリカのシカゴ。ネズミ関連の苦情も増加し、大手害獣駆除業者からも「全米一のネズミ都市」と位置づけられているほどです。そんな悩みのタネであるネズミの対策として注目を集めているのが、動物愛護団体ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティーの取り組み。保護した野良猫たちをネズミ駆除の担い手にしたのです。
シカゴでは、保護団体が野良猫を避妊・去勢して、元の場所に戻すことができるようになりましたが、中には元の場所に戻すことができない猫もいます。ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティーでは、こうした猫たちによるネズミ対策を始めたのです。

出典:CNN.co.jp
(画像をクリックすると動画ページにジャンプします。)
60秒あたりからビール醸造所で活躍するネコたちの様子がわかります。

ツリーハウス・ヒュメーン・ソサエティーでは、ネズミ対策の依頼主のもとに単に猫を連れて行くのではなく、猫の住まいやトイレ、爪とぎ、おもちゃなども用意します。猫たちはネズミを捕獲するだけでなく、あちこちに体をこすりつけて臭いをつけるため、それだけでネズミがいなくなるそうです。
シカゴにあるビール醸造所では猫が来る前はネズミに原材料の袋を食い破られ、年間約90キロも廃棄していましたが、今では猫のおかげで廃棄せずに済んでいるとか。猫を目当てに醸造所を見学に来る人も多いそうです。
今では、猫たちによるネズミ対策を取り入れたいという申し込みも増加。猫たちの行き場ができることで、殺処分をなくすことにもつながっているそうです。

猫の活躍に期待してにゃ!