キャネットチップ にゃねっとクラブ|ペットライン株式会社

にゃねっとのプロフィール

ねこの子のプロフィール

好奇心おう盛なネコの男の子。食べ盛りで、いつもごはんのことを考えている。楽しいことにも目がなくて、いろんなものをオモチャにしては、おうちの人を困らせちゃう。食べることと遊ぶことと寝ることが大好きな甘えんぼう。ごはんをくれないと、ツメでガリガリッとイタズラしちゃうぞ!にゃお〜ん!!

ねこの子をつくったのはこのひと!

合田経郎 ( ごうだ つねお )

 

合田経郎さんうちにも、ネコが2匹います。

出会いは、雨の日に道ばたにあったダンボール箱の中から、チッコイのが「にぃー!にぃー!」と鳴いていて・・・っていうドラマなどでよくあるやつ。
片手で持てて、哺乳瓶からぐいぐいミルクを飲んでいた2匹も、今ではお腹に乗られたら「ううっ!」っと言ってしまうほど大きくなった。
うちのネコ達は、寝たい時に寝て、遊んだと思ったらすぐ飽きて、がつがつ食べたり食べなかったり、びっくりするような所で落ち着いてたり、なんともうらやましい位自由な感じ。
自分もこうありたいなあ~。と思うけど、難しそうなので、キャラクターにその思いを託して作らせてもらいました。

ネコと暮らしている方々はもちろん、それ以外の方々にも気に入ってもらえたら嬉しいです。

CMディレクターとして演出家のキャリアをスタート。

NHKキャラクター「どーもくん」シリーズ が人気を博し、活躍のフィールドをアニメーション映像へと広げる。

2003年には株式会社ドワーフを立ち上げ、アニメーション作家へと転身。絵本、イラストレーションをはじめ、自身でも2Dアニメーションを制作するなど創作活動は多岐に渡る。

現実の世界にはありえないことが何でも起こる人形アニメーションの設定において、自分が暮らしの中で感じる「気持ちや体験」を盛り込むリアルな世界を描き出すことにこだわっている。

どーもくんは、誕生10周年の2008年に、そのTVシリーズ(2分×26話)が世界最大のキッズ向けチャンネル「ニコロデオン」で放映を開始、2010年までに世界170以上の国と地域で放送され、ライセンス商品も続々と発売されるなど盛り上がりを見せている。また、2008年秋には、米大手スーパー「Target」(店舗数約1,600)のハロウィーンキャンペーンキャラクターとして、さらに2009年にはセブンイレブンUSの飲料キャンペーンマスコットとして、全米を席巻した。

一方で、もう一つの代表作「こまねこ」、その「こま撮りえいが こまねこ」「こまねこのクリスマス」は世界中の映画祭で上映され高い評価を受けている。

最新作は「PLUG, THe NeW WORLD」。日産自動車とともに取り組んだこのプロジェクトで、ゼロエミッション後の世界を描き出している。

 

【ドワーフHP】 http://www.dw-f.jp/

【ごーだのらくがきつうしん】 http://dwarf.typepad.jp/godarakugaki/

キャネットチップを歌ったのはこのひと!

ワタナベイビーワタナベイビー:1968年10月17日生まれ

 

我が家には「グリ」と「クロ」というネコがいました。全員メスの6つ子の姉妹のうちの2匹でした。ホフディランとしてリリースした楽曲に『サガラミドリさん』という曲があるのですが、その人は実在の人物でして、そのサガラさんの家で生まれた子猫のグリだけを貰い受けたのが始まりでした。すると数週間後、サガラさんが海外出張に行く事になり、まだ貰い手の見つからない子ネコたち(つまりグリの姉妹)を預かってほしいと相談されたのです。そのうちの一匹としてアトランダムに我が家に預けられたのがクロでした。

ワタナベイビーさんと「グリ」その時点ではずっと我が家で飼うつもりもなく、いずれサガラ家に戻る子だというつもりでいたので記号的に、見たままの呼び名で「クロ」という芸のない名前にしていました。数週間後、サガラさんが出張から帰って来た時には可愛いくて可愛いくて手放せなくなってしまったのですが、こんな事ならもっと気のきいた名前をつけておけば良かった…。

ワタナベイビーさんと「グリ」と「クロ」さて、そのグリとクロなのですが、数週間前まで姉妹として一緒にいたんだから仲良くやれるだろうと思い、気軽に預かったらもう大変でした。グリがずっとクロに意地悪するのです。ご飯もクロには食べさせないし、しばらくクロを苛めてました。そのうち自然に共存するようになってましたが、あくまでも先輩格で威張っているのはグリ、その後ろを遠慮がちについて行くのがクロ、という関係は変わりませんでした。

グリは、12才でガンに侵され、激しい闘病生活を経て2008年に逝ってしまったわけですが、人生であんなに泣いたことはなかった気がします。クロは2012年1月に老衰で亡くなりました。グリ!クロ!ずっと愛してるぜ。

1996年「スマイル」でホフディランのVo&Gtとしてデビュー。 
「遠距離恋愛は続く」「恋はいつも幻のように」「欲望」「極楽はどこだ」など、ヒット曲を連発し、FUJI ROCK FESTIVALへの参加、日本武道館でのワンマンライブを成功させるなど、ライブでも活躍。
2002年に活動休止するも、ワタナベイビーとして、アルバム『BABY STAR』をリリース、かせきさいだぁとのユニット「Baby&CIDER」を結成。パンクイベント『SET YOU FREE』との出会いによって毎月20本を越えるライブをこなすなど、活発なソロ活動を行う。
2012年2月22日に8thアルバム『2PLATOONS』をVAPよりリリース。9月から、ホフディラン初となる二人編成でのライブツアー『ホ二人旅2012』(全国14ヶ所が既に決定)を開催。ほとんどの会場がすでにSoldOut!
デビュー以来、シングル19枚、アルバム12枚(ベスト盤・ライブ盤含む)をリリースしているほか、CMへの楽曲提供、ナレーションなども数多く手がけている。

 

【ワタナベイビー BLOG】 http://ameblo.jp/watanababy-blog

【ホフディラン オフィシャルHP】 http://hoff.jp

2013年1月、ペットライン株式会社、株式会社ティー・ワイ・オー ドワーフ事業部、キャネットチップお名前募集キャンペーン事務局による「キャネットチップ キャラクター名前審査会」が行われました。全国から4000名以上の方にご応募いただき、1500以上の名前のなかから、最終選考には20あまりに絞り込まれ、最終的に「にゃねっと」に決定いたしました。
「40年以上、ねこちゃんに愛されてきたキャネットチップと同じように、長く愛され続けてほしい」「語感がかわいらしい」「ねこちゃんらしい」「独創的」などの理由で決定いたしました。
たくさんの皆さまからご応募いただき、ほんとうにありがとうございました。

 

※にゃねっとの名前でご応募いただいた方のなかから抽選で1名さまにグランプリ賞を、また、最終選考に残った方のなかから抽選で10名さまにキャネット賞を順次お贈りいたします。 なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
左:株式会社ティー・ワイ・オー ドワーフ事業部 合田経郎さん
右:ペットライン株式会社 代表取締役社長 朝見恭裕

審査風景

審査終了後、朝見恭裕代表取締役社長からは「ペットラインは、派手なところはありませんが、お客さまの要望にあったペットフードづくりに、ほんとうにまじめに取り組んできた会社です。【にゃねっと】は、そんなわたしたちの会社にぴったりのキャラクターだと思います。これからも、みなさんに末永く愛されるようこころから願っています」と、また、キャラクターの生みの親である合田経郎さんからは「なるべくしてなった、すてきな名前だと思います。このこが、これからもずっと、子どもから大人まで、いろいろな人に愛されて、ゆっくりと浸透していくといいなあ、と思っています」との言葉がありました。
ペットラインでは、これからも安心して与えていただけるペットフードづくりに取り組んでまいります。 どうか【キャネットチップ】と【にゃねっと】を末永く応援いただきますようお願いいたします。